そんなに嫌なら逃げてもいい。

適応障害で復帰訓練中の文系SE女子のブログです。

おいしいのに体にやさしい*おすすめのヘルシーチョコレート3選!

スポンサーリンク

f:id:marina422:20200514142049j:plain
こんにちは。marina*(@NMarina422)です。 

 

みなさん、チョコレートは好きですか?

わたしは大好きです^^*

特に、カカオ成分の高いハイカカオチョコレート砂糖不使用のチョコが大好きで、いつもスーパーやオンラインストアでは成分表と原材料を重視して買うようにしています。

 

そのチョコレート、ホントに体にやさしいの?

読者の方にはハイカカオチョコレートと言えば、明治の「チョコレート効果」や「ザ・チョコレート」を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 最近ではブラックサンダーと明治のチョコレート効果がコラボしたチョコレートもスーパーなどで見かけます。

 ブラックサンダー好きとしては嬉しいですよね。

クランチがサクサク。なのにカカオ72%で体にやさしい…

 

でも、ちょっと待ってください。

そのチョコレート、本当にカカオ72%ですか?

 

こちらをご覧ください。こちらはカカオ72%のブラックサンダー(ミニバー)です。

f:id:marina422:20200514101033j:plain

包装紙の下部をご覧ください。

※製品中カカオ分40%と表記されています。

 

「…あれ?上にはデカデカと「カカオ72%」って書いてるのに、実際は40%しか入ってないってこと?」と思いませんか?

f:id:marina422:20200514104243j:plain

原材料も見てみましょう。

砂糖、膨張剤、甘味料(ソルビトール)、などなど…

添加物が多く含まれていることがわかります。

 

製品を販売する都合上、「カカオ72%」と表記したい気持ちはわかります。

実際、その製品がおいしくて好きだから食べてる人も多数いるわけですし^^;

 

体にやさしいチョコレート食べませんか?

「でも、そんなの気にしてたらキリがないじゃん!」とか、

「ハイカカオチョコレートなんて、どれも一緒でしょ?」とか、

「カカオ成分が高くなると苦くて食べづらいんじゃなの?」とか…

いろいろな意見があるかと思います。

 

そこで、今回は身近なスーパーやオンラインストアでも手軽に買える、

砂糖不使用なのに甘くておいしい高カカオチョコレートを3つご紹介します!

※味については完全に個人による感想なので、「へ〜、そうなんだ」くらいに思っていただけると幸いです。

1.ピープルツリーの「オーガニックペルー75」

f:id:marina422:20200510124453j:plain

フェアトレードおよびオーガニック製品を中に扱っているピープルツリー のチョコレートです。

パッケージ上部と下部には「カカオ75%」の表記があり、パッケージのカカオのイラストも相まって、一目でハイカカオチョコだと分かりますね。

 

裏面の原材料も見てみましょう。

f:id:marina422:20200514101114j:plain

原材料は以下のとおり。

以上の3つだけ。しかも全ての材料に有機の文字が入っています。

余計なものは一切使わない。

ていねいに栽培された材料だけで作る姿勢に、頭が下がりますね。

 実食タイム

f:id:marina422:20200514101120j:plain

包み紙を開けると、ふんわりやさしいカカオの香りがただよいます。

香りだけで、もうおいしいのが分かるくらいです^^

 

口に入れると、まずカカオのまろやかな甘みと酸味が口いっぱいに広がります。

また、凝固剤など含まれていないため、噛まなくても口の中の温度でトロトロと溶けていきます。

チョコの形が消えていくと、最後にカカオのやさしい苦味が広がり、口の中にさっぱりとした風味が残ります。

 

カカオ75%と銘打っているにも関わらず、強い苦味や酸味もないのに、まろやかな味わいが楽しめるチョコレートです。

 

ピープルツリーのチョコは、今回ご紹介した「ペルー75%」以外にも、カカオ60%のチョコにアーモンドやレモンピール、ザクロを練り込んだも商品もおすすめです。

 

 なお、ピープルツリーのWebサイトでは、チョコレートのおいしさの秘密が詳しく紹介されています。

▼おいしさの秘密はこちら▼

www.peopletree.co.jp

※2020年5月14日追記※

ピープルツリーオンラインでは2019-2020シーズンの販売は終了しています。

次回の入荷は2020年10月中旬を予定しているそうです。

 

2.カバリアの「ダークチョコレート」

f:id:marina422:20200510124415j:plain

 こちらはベルギーのチョコレートメーカー・カバリア社のチョコレートです。

正確なカカオ成分は分かりませんが、最大の特徴は砂糖を一切使用していないこと。

1996年の創業以来から砂糖の代わりにマルチトール(でん粉から作る麦芽糖)とステビア(マテ茶などに入っている甘味料)を使用しているそうです。

そのため「砂糖を使用しないチョコレートは美味しくない!」という既成概念を打ち破ったチョコレートとして知られています。

 

それでは裏面の原材料も見てみましょう。

f:id:marina422:20200514101040j:plain

原材料は下記のとおり。

パッケージも堂々と「砂糖不使用」とあったとおり、原材料名にも砂糖の表記はありません。

また、チョコレートにはめずらしいイヌリン(食物繊維)が含まれています。

イヌリンは、食後の血糖値の上昇を抑制してくれるほか、カルシウムの吸収を促進してくれたり、腸内のバクテリアの活動を活性化してくれるなど、栄養面でのメリットが多々あります。

体に気を使いながらも、おいしく味わえるチョコレートなのが魅力的ですね。

実食タイム

f:id:marina422:20200514101048j:plain

見た目は普通のチョコレートですね。

はじめて食べる人に「これ砂糖不使用なんだよ〜」と差し出しても絶対に信じてもらえなさそうですね笑

 

口に入れると、しっかりとした食感であることが分かります。

噛んでみると、チョコというよりココアに近い風味が感じられます。

そして、砂糖不使用なのにしっとりとした甘さが口の中にやわらかく広がります。

「ダークチョコレート」と書いてあるのに、ほとんど苦味はありません。

食べ終わった後も口の中はすっきりとしており、口の中がベタつく感じも残りませんでした。

 

「とにかく砂糖不使用がいい!」という方におすすめなチョコレートですね!

 

今回はダークチョコレートのご紹介でしたが、他にもオレンジやベリーのクリームが入った商品もあります。

 

カバリアのチョコレートは、成城石井やカルディ、プラザなどの輸入食品専門店などでも購入できます。

 

▼商品ラインナップはこちら▼

pcube.ntcltd.com

3.ヴィヴァー二の「オーガニックエクストラダークチョコレート 92%」

f:id:marina422:20200510124427j:plain

こちらはドイツのチョコレートメーカー・ヴィヴァー二社のチョコレートです。

 

先ほど紹介した2種類とはサイズが異なり、約20センチ×10センチの紙パッケージに包まれています。

ちなみに、パッケージは100%エコ(FSC認証)素材でできており、チョコレートを包んでいるビニールは植物性でできているそうです。

なのでコンポスト可能なのに加え、なんと40日で土に戻るそうです。

環境意識の高いエコ大国・ドイツだからこそなせる技ですね。

 

さっそく裏面を見てみましょう!

f:id:marina422:20200514101058j:plain

原材料は以下のとおり。

ピープルツリーと同じく3つだけ。そして、すべての材料に「有機」の表示。

最大級のエコ精神に加え、スイーツにも一切余計なものは使わない。

食べる人にも環境にも気を配る姿勢がとても魅力的なチョコレートですね。

実食タイム

f:id:marina422:20200514101104j:plain

先ほどの2種類のチョコレートとは異なり、こちらは正方形で薄型の形状です。

 

口に入れると、真っ先にカカオの深い苦味とコクがブワッと広がります。

さすがカカオ92%。75%とは比べ物にならないカカオ感です…!

でもコーヒーのように「苦〜い!」といった苦味ではありません。

深い苦味の中にほのかな甘みも感じられるため、不思議とパクパク食べられます。

カモミールやラベンダーなど、ハーブティーのお供に最適です。

 今回は92%のチョコレートをご紹介しましたが、さらに上の99%のチョコレートもあります。

ちなみに先日、ヴィヴァー二のオレンジ味も食べてみました。

こちらもハイカカオでありつつオレンジの甘みも感じられて、さっぱりとした味わいでした。

 

ヴィヴァー二のチョコレートは、アマゾンなどのオンラインショップはもちろん、成城石井やカルディなどの輸入食品などでも購入できます。

体にやさしいチョコで心も体も満たされる

今回、ご紹介した3種類のチョコは、どれも市販のチョコレートよりお値段も少し高いですし、量もそこまで多くありません。

一方で、市販のチョコレートにはない魅力がたくさんあります。

わたしは一時期、毎朝ストレッチ後に、今回ご紹介したチョコレートを毎日食べていました。

わたしは市販のチョコレートを毎日食べると、すぐにアゴやほっぺにニキビができてしまいます

ところが、ハイカカオチョコを食べるようにしてからはニキビができづらくなりました。

おそらく余計な添加物や保存料が含まれていないおかげかもしれません。

 

また、先日ツイッターで教えていただいたのですが、カカオには「テオブロミン」という苦味成分が含まれているそうです。

このテオブロミンは、脳内のセロトニンに働きかける作用があり、食欲抑制のほかにリラックスさせてくれる効果があるそうです。

▼テオブロミンについてはこちらから▼

medical.nikkeibp.co.jp

 

いつまでも健康で元気な体でいるためには、やはり「食」への関心が必要ではないでしょうか。

だからと言って、今日から朝・昼・夜の食事を健康でヘルシーなものにするのは難しいでしょう。

それなら、せめておやつに食べるチョコレートは体にやさしいものにする、といった心がけの方が取り組みやすいですし、健康な体づくりに一歩近づけることができます。

 

今回ご紹介したチョコレートは3種類でしたが、今後も体にやさしくおいしいチョコレートを見つけたら随時更新していきたいと思います。

 

それでは、また!