そんなに嫌なら逃げてもいい。

持病と仕事のストレスで適応障害になり休職した文系SEのブログ。

【適応障害で休職9】仕事に復帰するか否か?ー3回目の心療内科に行ってきました。ー

スポンサーリンク

f:id:marina422:20191112180700j:plain

こんにちは。marina*(@NMarina422)です。

前回の診断から2週間がすぎました。

www.marina422.com

先日、3回目の心療内科に行ってきました。

休職してから3週間くらい経ったので、仕事に復帰できるかどうかについて相談もかねて診察してもらいに向かいました。

その結果、やはりもう少し休んだほうがいいとの診断を受け、もう1ヶ月ほど仕事への復帰を延期することになりました。

体の調子は?

休職期間に入ったばかりの時より、だいぶ体の具合は良くなりました。

持病による腰痛や背骨の痛みも少しずつ和らぎ、自分から進んでラジオ体操やストレッチをする元気が出てきました。

ずっと家にこもりっきりで、どこかへ出かけたり散歩する機会が少なかったので、体を動かすようにしてからは「体がだるいなぁ、重いなぁ…」と感じることが少なくなってきました。

家にひとり、ずーっと動かないでぼーっとしていると、なんとなく今の仕事のことやマイナスなことを考えてしまうので、気分が落ち込んでいる時は積極的に体を動かしたほうが気晴らしになることに気づけました。

憂鬱な気分はどうなったか?

ですが、やはり仕事を休んでいるという状況は変わらないわけで。

毎朝目が覚めると、自分が休んでいる時間、上司や先輩、同期たちは今日も朝から晩まで働くんだろうなぁと考えていました。

日中になると、

「あぁ自分はダメな人間だなぁ」とか、

「元気になれなかったらどうしよう」とか、

「このまま働けなかったらどうしよう」とか…。

ありもしない不安な気持ちばかりが渦巻いて、だんだん大きくなっていく憂鬱感に耐えきれず涙を流す日々が続いていました。

夜になると、その憂鬱な気分がもっともっと大きくなり、不安に押しつぶされるのを恐れながら布団に入り、夢の中へ逃げ込むように眠りについていました。

「このまま朝が来なければいいのに。そうしたらずっと夢のなかで安心して過ごせるのに。」

そう願いながら目を閉じて、寝る前に飲んだ入眠薬が効きはじめるのをただただ待ち続けていました。

薬の効き目はどうか?

現在、わたしが服用している薬は4つ。

気持ちを落ちつかせ、不安や憂鬱な気分を改善する薬を朝と夜に2つ。

寝つきをよくする薬と、精神的不安に効果がある漢方薬を寝る前に2つ飲んでいます。

日中、薬による体のだるさは少しありますが、思うように体が動かないといったことはないので特に問題なし。

また、寝る前の薬は起きた時に苦味が残りますが、我慢できないほどではないため、こちらも問題ありませんでした。

仕事に復帰できる?できない?

以上、今のわたしの状態を考慮した結果、もう少し気持ちを休めたほうがいいとのお達しを受け、もう1ヶ月(12月いっぱいまで)休職する意向になりました。

体の調子は良くても、このまま不安で憂鬱な気分のまま満足のいく仕事はできない。

気持ちに整理のつかないまま復帰して、仕事や周囲の人に迷惑をかけたくない。

このような気持ちを正直に診察医に伝えた結果、もう1ヶ月休職する旨の診断書を発行してもらいました。

これから先の1ヶ月、どう過ごすか?

この1ヶ月、今の仕事について考えてきましたが、自分にあっていない気持ちが日を追うごとに大きくなっていきました。

事の発端は自分の技術不足によるものですが、「これから何十年も技術を成長させることばかり考えなきゃいけないの?」と思ってしまいました。

毎日毎日、取り引き先の顔色をうかがいながら完成するか分からない開発を続ける。

開発が得意な人にとってはやりがいのある仕事かもしれません。

ですが、根本的に知識が足りない自分にとっては暗闇の中をさまよいながら日々を過ごしていかなければなりません。

そこで、今回の診断をうけて自分なりに考えた結果、

適応障害を克服していくこと

・今の仕事に対して思うこと

・20代の自分がどんなキャリアを築いていきたいか

・これから自分が何に取り組んでいきたいか

これらについて、これから1ヶ月間ゆっくり考えていく時間を作ることに決めました。

休職してから1ヶ月。

1ヶ月とは長いようであっという間だということを改めて思い知らされました。(学生時代の夏休みと同じですね)

でも1ヶ月ほど仕事を休んだことで、今までやりたかったことに取り組めた日もありました。

気持ち的にちょっとでも「自分のために時間を使ってもいいんだ」と自分を許せたことが救いになりました。

一方で、不安に思う時間も圧倒的に多かったです。

それでも、この1ヶ月間を通して無駄な日は1日もなかったと思えるのは、自分なりに少しずつ成長しているのかな?と感じられます。

だからこそ、もう少しだけ自分と向き合う時間がほしいなと願ってしまった結果かもしれません。

今の自分に必要なことは、まずは心身ともに元気になること。

やりたいことにたくさん挑戦してみること。

好きな本を好きなだけ読むこと。

好きな音楽を好きなだけ聴くこと。

心から素直に笑えるようになること。

一日一日を丁寧に過ごしながら、混乱した頭と心を整える時間にしていこうと思います。